家を空き家にする前に売るには

2016年11月23日 @ 2:00 AM

家を空き家にする前に売るには
家を購入する方はそのほとんどが買った後一生の住処とすることを目的に購入します。ですので、購入に比べて売却の経験を持つ方の方が少ないと言えます。しかし、急な転勤指示やその他家庭の事情などで住居を売らざるを得なくなってしまうことも、あり得ない話ではありません。
ではその時、空き家にする前に売りに出すことは可能なのでしょうか。
結論から言うと、可能となります。むしろ、住んだまま物件を売却するという事は良くある話です。内覧についても、もちろん最低限片づけて置いたり余計な家具を処分することは必要ですが、むしろ生活している状況で内覧をしてもらったほうが購入後の生活イメージが湧くので成約に繋がりやすい、と言われる不動産営業の方もいらっしゃるくらいです。

賃貸へ引越す予定なら空き家にしてしまっても良いかも
ただし、既に賃貸へ引越すことが決まっている場合は先に空き家にしてしまっても良いかもしれません。先ほどの話と逆になってしまいますが、別の不動産営業の方で、住んでいない家を内覧してもらったときの方がすぐに契約してくれる場合が多い、と言われる方がいます。これは、いつでも入居可能な状態の物件を見ると、他の誰かが決める前に決めないと、という思いが働くからではないか、ということだそうです。
ちなみに、どちらにしても最初はインターネットの不動産一括査定サイトなどで複数の査定を受けることをお勧めします。業者により重視するポイントが違うので、査定価格にはばらつきが出ることがほとんどだからです。
参照サイト