年金受給者は「おまとめローン」の審査は通る?

2017年4月25日 @ 6:58 PM

カードローンなどより少し低い金利でお金を借りて、複数のローンをひとつにまとめる「おまとめローン」は、債務を抱えている年金受給者にとっても便利といえます。しかし、年金受給者に対するおすすめおまとめローンの取り扱いは、会社ごとに異なっています。

申込先に特にこだわらなければ、年金受給者であってもおまとめローンの審査に申し込むことは可能であり、融資可能と判断されれば審査を通過したことが通知され、契約手続きを経て融資が実行されます。ただし、年金受給者の場合は、収入面がネックとなって、一般の申込者よりおまとめローンの審査に通る可能性は低くなります。

年金の受給額は、定年退職をするまで会社勤めをしてきた人であれば、一人暮らしの場合で月額10万円少々、夫婦二人暮らしの場合で月額20万円前後となります。おまとめローンではカードローンに申し込む場合より収入に関する審査基準が厳しいといわれており、この程度の受給額では審査を通過できない可能性が高いです。また、年金受給者は現役世代と比較して返済の途中で死亡するリスクが高いため、返済期間が長期間になりがちなおまとめローンについては、貸し倒れのリスクが考慮されて融資を認められない可能性があります。

年金受給者がおまとめローンを利用したい場合は、パートやアルバイトをして収入を増やす方法が最も有効といえるでしょう。ただし、ある程度長期間勤務先で雇用してもらえる見込みが無いと、収入が安定して得られているとはみなされず、審査を通過するのは難しいでしょう。